アトピー肌を改善!元気読本でライスパワーエキスが紹介!

元気読本にアトピスマイルのことが紹介されていました。

 

ご覧になりましたか?

 

こちらです↓↓↓

 

なんと5ページにも渡り、ライスパワーエキスNo.11とアトピスマイルについて紹介されていました。

 

最近、テレビでも頻繁に紹介されていますが、ますます話題になっているんですね。

 

記事のページ数の多さにビックリしました。

 

ライスパワーエキスNo.11が、アトピー性皮膚炎を「改善」すると紹介されています。

 

元気読本によると、アトピーは「もともとのアレルギー体質」と「皮膚バリア機能の低下」の2つの原因があるそうです。

 

アレルギー体質は、そう簡単には改善されません。
しかし、皮膚バリア機能は、まだ改善の余地があります。

 

皮膚バリア機能を改善することで、発症を防ぐことが可能です。

 

では、どうしたらバリア機能を改善できるのでしょうか?

 

そのカギは、セラミドの生成にあります。

 

そもそも、皮膚のバリア機能は、皮膚に水分をタモリ、ダニや化学物質などのアレルゲンを肌の内部に入り込むことを防ぐ力のことです。

 

本来ならば、全員が持っている能力でもあります。

 

しかし、アトピーの人や乾燥肌の人は、皮膚バリア機能が低下している状態です。

 

低下している肌は、セラミドが十分にない肌ともいえます。

 

アトピー肌の人は、このセラミドを十分に作り出せないので症状を発症するということです。

 

だったら、セラミドを作ればいいんです!

 

しかし、多くの保湿ケアではセラミドを作ってはくれません。

 

あくまでも、セラミドの代わりに他の物質で一時的にバリアしているだけなんです。

 

保湿ケアは、洗顔などで洗い流してしまえば効果も終わります。

 

つまり、一時しのぎにしかなっていないんです。
根本的な改善にはつながっていません。

 

そこで、注目されているのがライスパワーエキスNo.11です。

 

厚生労働省から日本では唯一「皮膚水分保持能の改善」が認められています。

 

ライスパワーエキスNo.11が、肌の奥(基底層)まで浸透します。
アレルゲンの侵入を防ぎつつ、肌本来が持つ皮膚水分保持能の改善をします。

 

肌を改善することで、皮膚バリア機能の整った肌に導いてくれるというわけです。

 

今では、ライスパワーエキスNo.11が使用されたケア用品は多く販売されています。

 

特に化粧品は多くの会社で販売されています。

 

敏感肌や、アトピーの人は使える化粧品も少ないことから、多くの支持を集めています。

 

化粧品以外では、やはりアトピスマイルが人気です。

 

赤ちゃんから高齢者まで使用できますので、特に子どもを持つ親から支持されていますね。

 

アトピスマイルのライスパワーエキスNo.11については【ライスパワーエキスNo.11の力】で説明していますので、読んでくださいね。