ライスパワーエキスNo.11ってなに?

 

アトピーの人でも使えると話題のアトピスマイルクリームですが、
その気になる成分の一つに『ライスパワーエキスNo.11』があります。

 

 

「そんな成分、初めて聞いた。」
という人がほとんどではないでしょうか。

 

実は、私もそうだったんです。
ですので、気になってどんな成分なのか調べてみました。

 

やはり、アトピーや敏感な肌に使うクリームですから、
安心して使える成分ではないとコワイですよね。

 

「ひょっとしたらステロイドみたいな成分なの?」
と心配にもなります。

 

それほど、入っている成分には敏感になりますよね。

「ライスパワーエキスNo.11」の恐るべきチカラ!

 

『ライスパワーエキスNo.11』は、お米から抽出された成分です。

 

アトピスマイルクリームでは、国産米100%使用しています。

 

 

「お米からということは米ぬかとか発酵液なの?」

 

いいえ、違います。

 

ライスパワーは、日本型バイオ技術を用いて生まれた新規機能性素材なんです。
化学的にも、ちきんと証明された効果が確認されています。

 

『ライスパワーエキスNo.11』は、厚生労働省から
全く新しい効能をもった、医薬部外品の新規有効成分としての許可を得ています。

 

この技術を開発できたのも、『勇心酒造』だからこそと言えます。
老舗、造り酒屋でもある『勇心酒造』は、お米のプロ。

 

お米のことを知り尽くしているからこそ、生み出された成分なんです。

 

 

「結局、『ライスパワーエキスNo.11』には、どんな効果があるの?」
と疑問に思いますよね。

 

『ライスパワーエキスNo.11』の特筆すべき効果は『水分保持機能の改善』です!

 

『水分保持機能』は、本来誰もが持つ機能の一つです。
しかし、『水分保持機能』が低下すると、肌の乾燥や、ハリ、弾力が失われます。

 

それは、肌の細胞同士を結び付けているセラミドが減少することで起こります。
その結果、肌のバリア機能が低下し、肌にトラブルを招いてしまいます。

 

つまり、肌の内側から水分を失い、肌の外側からは紫外線などの影響で、
内側と外側から、肌の乾燥を引き起こしてしまいます。

 

アトピーや乾燥肌の人、ドライスキンの人などは、
この『水分保持機能』が著しく低下してる状態ともいえます。

 

 

『ライスパワーエキスNo.11』には、『水分保持機能の改善』の効果があります。
これは、医薬部外品として「皮膚水分保持機能」を認可された唯一の素材なんです。

 

 

「水分保持機能って、結局は保湿ってことでしょ?」
と思ってしまうかもしれませんね。

 

でも、それは違います。

 

保湿は、簡単に言えば一時的に肌に潤いを与えていることをいいます。
クリームなどでケアした時だけ、保湿されている状態です。
肌そのものの力で潤っているということではありません。

 

肌の潤いを一時的なものでなく、肌そのものの力で潤いに働きかけるのが
『ライスパワーエキスNo.11』の効果です。

 

つまり、肌そのもののが潤いをキープする力をえて、
肌の力を根本的に改善してくれるという嬉しい成分なんです。

 

あなたも『ライスパワーエキスNo.11』の効果を実際に体験してみてくださいね。

 

>>アトピスマイルの詳細はこちら