赤ちゃんの顔や肌がカサカサ肌に!一体どうして?治すにはどうしたらいいの?

「赤ちゃんのお肌はプニプニしていて、乾燥とは無縁。」
というイメージですよね。

 

そう思っていたら、ある時
「赤ちゃんの顔の肌が、カサカサしている!」
とビックリするママも多いんです。

 

 

赤ちゃんの肌は、実はとても乾燥しやすいんですよ。
それも、顔の肌はとても敏感になっています。

 

では、どうして赤ちゃんの肌は乾燥するのでしょうか?

 

 

赤ちゃんの肌がカサカサと乾燥する原因はいくつかあります。

 

主な原因は、肌の薄さと未発達な肌にあります。
肌の中でも、顔の皮膚は薄くなっています。

 

 

赤ちゃんの肌は、ママやパパの肌とは違いとても薄いです。

 

大人の約半分の薄さしかないんですよ。

 

また、肌の外側である角層も、まだまだ未発達な状態です。
角層が、未発達な状態ということは、肌の水分が蒸発しやすいといえます。

 

赤ちゃんのカサカサ乾燥肌はいつから?

 

生後2〜3ヶ月までは、赤ちゃんの肌は乾燥しにくいといえます。
皮脂の分泌量が多いためです。
これは、体内にいたときに母親からもらったホルモンに影響しています。

 

しかし、3ヶ月を過ぎると皮脂の分泌量が減少します。
皮脂の分泌量が安定したとも言えます。

 

しかし、今まで十分にあった皮脂の分泌量が減ることで、肌の水分量も減ってしまいます。

 

赤ちゃんの肌が、カサカサとなるわけです。
カサカサが、気になりだすのは、生後3ヶ月以降が多くなります。

 

この時の赤ちゃんは、肌に水分を留めておく力が失われた状態とも言えます。

 

つまり、季節や温度などとは関係なくカサカサの状態になりやすいのです。

 

 

バリア機能の弱さ

赤ちゃんの肌は薄くて敏感。
そして、肌の機能も未発達なため、外部からの刺激を受けやすいです。

 

外部からの刺激というと、紫外線、ホコリ、花粉、ダニなど。
さらに、入浴中にゴシゴシ洗うことや、衣服の摩擦も刺激となります。

 

刺激を受け、肌がカサカサな状態なり、さらに刺激を受け、肌がますます弱くなる。

 

という悪循環に陥ってしまいます。

 

赤ちゃんのカサカサ肌を治すには?

 

赤ちゃんのカサカサ肌を放置しておいてはいけません。

 

カサカサになっているということは、肌のバリア機能が低下している証拠です。
ほっておくと、ますます肌の状態が悪くなりますから、早めのケアをしてあげましょう。

 

 

まず、第一に赤ちゃんの肌を清潔に保ちます。

 

お風呂などで、しっかりと汚れを落としてあげましょう。

 

ただし、赤ちゃんの肌をゴシゴシ擦ったりしてはいけません。
刺激の強い石鹸を使用することも避けましょう。

 

赤ちゃんの石鹸ついては【アトピーの赤ちゃんに石鹸は使ってもいい?】を読んで下さいね。

 

そして、最も大事なことは保湿です。

 

特に入浴後は、しっかりと肌を保湿してあげることを忘れないでください。

 

保湿を行うときも、赤ちゃん肌に使えるクリームを選ぶようにしましょう。

 

赤ちゃんの肌は、とてもデリケートです。
デリケートな肌が、カサカサになっているということは、さらに敏感な状態になっています。

 

刺激も弱く、それでいて、しっかりと保湿してくれるものを選んでください。
そして、保湿だけでなく肌が本来もつ水分保持能を改善してくれるタイプのものがベストです。

 

例えば、アトピスマイルクリームです。
アトピスマイルクリームには、ライスパワーエキスNo.11が使用されています。
ライスパワーエキスNo.11の効果は「水分保持能の改善」です。

 

まさに、カサカサ肌にはぴったりの効果ですよね。

 

もちろん、赤ちゃんにも使用可能なクリームです。
敏感な顔の肌にだって使うことができますよ。

 

赤ちゃんのカサカサ肌が気になったときは、すぐにケアを始めてあげてくださいね。