肌の内と外から!Wの保湿が重要だった!

アトピー性皮膚炎の人の特徴として、セラミドの数が少ないことがあります。

 

肌の潤いをキープするために大切な役割を果たす物質であるセラミド。
その数が少ないことから、バリア機能が低下、乾燥することも、アトピーの原因の一つです。

 

バリア機能が低下した肌は、外的刺激の影響を受けやすくなります。

 

バリア機能の低下により、さらにダメージを受け、悪循環に陥ります。

 

 

そうなるとアトピーの症状はどんどん悪化してしまいます。
どこかでこの負の連鎖を断ち切らなければなりません。

 

大切なのは、肌が充分な潤いをキープしダメージに負けない基礎力を維持することです。
ですから、アトピーを改善させるためには、保湿を行うことがとても重要になってきます。

 

 

アトピーに必要な保湿というのは、肌の水分を保持する保湿と、肌表面を保護する保湿です。

 

保湿には、2種類あることを覚えておいてくださいね。

 

肌の表面だけを保湿するのでは、本当の意味での改善にはつながりません。

 

 

肌の内側だけが潤っていたのでは、すぐにまた水分が蒸発、乾燥してしまいます。

 

反対に、外だけ保湿していても、内側の潤いは改善されません。

 

 

中も外も、充分に保湿されている状態を保つことが大切です。

 

保湿クリームを選ぶ際は、この両方の条件を満たすものを正しく選ばなければなりません。

 

 

アトピー専用の保湿クリームなどは、セラミドなどに働きかけてくれるものもあります。

 

 

また一時的な保湿では、アトピーのその時の症状しか改善できません。
ですので、保湿アイテムを選ぶ際は、肌機能を向上させる効果を持つものを選ぶのがおすすめです。

 

肌の水分保持能を改善する効果がある成分を含んだクリームなどは、つけた時に症状を緩和、抑える効果を得られることはもちろん、使い続けることで肌質を改善していけます。

 

 

おすすめは、ライスパワーエキスNo.11です。

 

ライスパワーエキスNo.11の効果は「肌水分保持能の改善」です。

 

この効果は、厚生労働省より認められた効果になります。

 

詳しくは【ライスパワーエキスNo.11の力】のページを読んで下さいね。

 

ライスパワーエキスNo.11が使用された保湿クリームや化粧品を使うのもおすすめです。
例えば、アトピスマイルクリームなどもおすすめです。
詳細は【アトピスマイルは赤ちゃんにも安心して使えます。】にて説明しています。

 

肌自信が乾きにくく潤いをしっかりキープできるようになればアトピーの症状は自然と出なくなってくるので、せっかくならば根本的な解決に効果があるものを使っていくようにしましょう。

 

ステロイド以外にも効果のあるアイテムは多々あるので、有意義に利用できるものを見つけてください。