カサカサ肌の赤ちゃんにユースキンでケア!顔に使っても大丈夫?

ユースキンのメリットは、手軽に購入出来るという点です。

 

ドラッグストアで市販されていますから、困ったときにすぐに使い始めることができます。
ヒルドイドのように、病院で処方されないと手に入れらないということはありません。

 

ユースキンに3種類あるということを知っていますか?

  • ユースキンA
  • ユースキンI
  • ユースキンS

 

赤ちゃんの乾燥肌に使うとしたら、ユースキンSとなります。

 

ユースキンSは、乾燥肌・敏感肌用のクリームです。
無香料、無着色です。
顔にも使うことができます。

 

有効成分は、酢酸トコフェロール、グリチルリチン酸二カリウム、イソプロピルメチルフェノールとなっています。

 

 

低刺激保湿クリームとなりますから、赤ちゃんのカサカサ肌ケアとしても使えます。

 

ユースキンは、赤ちゃんの肌に使っても大丈夫とされています。

 

使い方としては、赤ちゃんの肌が清潔になったときに使いましょう。
入浴後に使用するのがおすすめです。

 

入浴後は、肌が乾燥しますので、なるべく早くユースキンを塗りましょう。

 

 

赤ちゃんにユースキンを使う時の注意点!

ユースキンは赤ちゃんにも使えるクリームです。
顔にも使うことも出来ます。

 

初めて、カサカサ肌の赤ちゃんに使うときは、いきなり全身に塗るのは避けましょう。

 

まずは、赤ちゃんの二の腕などの一部にユースキンを少量塗ります。
そして、1日程度様子を見ましょう。

 

何の反応も無ければ、カサカサ肌のケアに使ってください。
もし、赤ちゃんの肌が赤くなったり、湿疹ができていたら、ユースキンを使うのは止めましょう。

 

ユースキンが赤ちゃんにも使えるものといっても、どんな反応が出るかは未知数です。
もしかしたら、アレルギーがあるかもしれません。

 

ましてや、乾燥してカサカサと敏感になっている肌ですから、最新の注意を払って使用するかを決めてください。

 

 

ユースキンSは、乾燥肌を治す薬ではありません。
保湿効果や、抗炎症作用はありますが、乾燥肌を治す成分ではありません。

 

乾燥肌を治すには、肌の水分保持能に働きかけなければいけません。

 

肌に水分をとどめておけないため、肌は乾燥します。
あくまでも、保湿の効果は一時的なものです。

 

ユースキンで、カサカサ肌を保湿し症状が緩和されたら、乾燥肌の根本的なケアを始めてあげましょう。

 

でないと、またカサカサ肌をまた繰り返すことになるかもしれません。

 

市販されているクリームでも、肌の水分保持能に効果があるクリームもあります。
例えば、ライスパワーエキスNo.11が配合されているアトピスマイルです。

 

乾燥肌を根本的に治す成分になります。
詳細は【アトピスマイルは赤ちゃんにも安心して使えます。】を読んで下さい。

 

カサカサ肌の赤ちゃんに、一番良いものをケアに使ってあげましょう。