あかぎれを改善する市販のハンドクリームとは?〇〇の成分に注目!!

あかぎれを改善してくれるハンドクリームはあるのでしょうか?
それも、市販で購入できるハンドクリームはあるのでしょうか?

 

あかぎれの人がハンドクリームを選ぶときは、低刺激であること、
そして、「皮膚水分保持能の改善」の効果があるものを選びましょう。

 

医薬部外品として、この効果が認められているのは「ライスパワーエキスNo.11」だけです。

 

市販されているもので、ハンドクリームとして使用できるのは「アトピスマイルクリーム」だけです。
口コミでの評判も高く、10年以上も販売されているロングセラー商品でもあります。

 

 

あかぎれで悩んでいて、
「根本的に治したい。」
と思っているのなら、本格的なケアをアトピスマイルで始めましょう。

 

 

あかぎれのハンドクリームとしておすすめ。詳細はこちら
↓ ↓ ↓
https://www.ricepowershop.jp/

 

 

一時的なものでは、あかぎれを治せない。

 

あかぎれに悩んでいる人は多いですよね。

 

水にしみて痛いし、痒みもある・・・。

 

「今すぐ、このあかぎれをなんとかしたい!」
と思うものです。

 

あかぎれに効果のある薬をつけても、病院や皮膚科で治療しても、なかなか治らないという人は多いのではないでしょうか?
病院で処方されるヒルドイドなどの薬を塗っても、治らないという人も多いでしょう。

 

よく病院で処方されるヒルドイドは、確かに効果があります。
ヒルドイドについては【ヒルドイドの効果がすごい。本当に病院以外では、購入できない?通販でも?】を参考にしてください。

 

病院で処方される薬を使っても治らないというのも、あかぎれは、水仕事(食器の洗い物など)が原因で起こります。
また、美観肌の人もなりやすいと言われています。

 

あかぎれがひどいからといって、水仕事をしなくてもいいというわけにはいきません。

 

敏感肌であったら、洗剤やシャンプーの刺激でもあかぎれになります。

 

あかぎれは冬だけになるものではないんです。

 

敏感肌が原因であかぎれになる人は、季節問わず、手の荒れに悩んでいます。

 

 

あかぎれを治すには、水仕事をしない、刺激物に触れないとこともしなくてはいけません。
ですが、そんなことは無理ですよね。

 

 

だからこそ、あかぎれは、なかなか治らないものでもあるんです。

 

「今すぐになんとかしたい!」
というなら、サカムケアなどで一時的に保護する方法もおすすめです。

 

絆創膏では、水にしみてしまいますが、サカムケアなどは水仕事中でもしみないタイプです。

 

一番いいのは、ゴム手袋をして、手を自ら守る方法です。

 

極力、水や洗剤などの刺激物に、あかぎれになっている部分を触れないようにしましょう。

 

 

サカムケアや、ゴム手袋から、あかぎれになっている手を守っても、それは治療にはなっていません。

 

守っているうちに、症状が軽くなることはあります。
でも、根本的に治療ができたわけではありません。

 

本当にあかぎれを治したいのなら、肌のケアをしないといけません。

 

 

あかぎれになる原因は、肌のバリア機能の低下になります。
つまり、肌が乾燥している状態になっています。

 

冬は特に乾燥肌になりますよね。

 

あかぎれが冬の時期に多いのは、乾燥も原因です。

 

では、どうして肌が乾燥するのでしょうか?

 

乾燥する原因はさまざまあります。
ですが、どの原因でも言えることが1つあります。

 

それは
「皮膚に水分を保持できていない。」
ということです。

 

皮膚に水分を保持することができないため、肌は乾燥します。

 

 

つまり、皮膚に水分を保持できる肌に戻してあげることが、あかぎれの治療の第一歩となります。

 

「そんなことができるの?」
と思うかもしれませんね。

 

 

でも、皮膚に水分を保持する機能は、本来なら誰しもが持っている機能です。

 

この機能が低下していくことで、肌は乾燥してしまいます。

 

 

 

あかぎれを根本的に治すなら「皮膚水分保持能を改善」を!

 

あかぎれを根本的に治すためには「皮膚水分保持能を改善」しなくてはいけません。

 

では、どうしたら改善できるのか?

 

実は、ちゃんと皮膚水分保持能を改善しれくれる成分があります。

 

この成分を使用したハンドクリームなどを使用するのがおすすめです。

 

あかぎれ対策として、ハンドクリームを使用している人は多いですよね。

 

しかし、ハンドクリームであかぎれを対策したいのなら、成分に注目しなくてはいけません。

 

 

あかぎれ対策として、おすすめの成分は「ライスパワーエキスNo.11」です。

 

「ライスパワーエキスNo.11」の効果は、まさしく「皮膚水分保持能の改善」です。

 

実は、この効果は厚生労働省より、きちんと認定されている効果です。

 

使い続けることで、皮膚が本来持っている力を取り戻す手伝いをしてくれます。

 

実際、敏感肌の人やアトピーの人も多く使用しており、口コミでの評判も高いです。

 

 

医薬部外品で、皮膚水分保持能の改善の効果が認めれれているのは「ライスパワーエキスNo.11」しかありません。

 

つまり、市販されているものでは「ライスパワーエキスNo.11」だけ。

 

それ以外では、病院や皮膚科で処方してもらうしかありません。

 

 

ハンドクリームで「ライスパワーエキスNo.11」が使用されているものはあるのでしょうか?
調べてみました。

 

 

あかぎれを改善する市販でのハンドクリームの存在は?

 

 

皮膚水分保持能を改善の効果を持つ「ライスパワーエキスNo.11」を使用されているハンドクリームは残念ながらありませんでした。

 

ハンドクリームというくくりでは存在しませんでしたが、ハンドクリームとしても使えるものがあります。

 

 

それは、アトピスマイルクリームです。

 

ボディクリームのくくりですから、ハンドクリームとしても使えます。
顔にだって使えるんですよ。

 

多くの人は、アトピスマイルクリームを顔に使っています。
それほどまでに、優しい成分でできているクリームです。

 

もちろん、ライスパワーエキスNo.11が使用されています。

 

こちらが、アトピスマイルクリームです。

 

実は私も使っています。

 

大きさも、ハンドクリームにピッタリの大きさです。
ですので、持ち運びにもとっても便利です。

 

アトピスマイルを、乾燥が気になったとき、あかぎれがきになるところに塗ります。

 

あかぎれで炎症を起こしている場合、炎症を治してから使用してください。
ハンドクリームで傷口がしみたりしますので注意です。

 

根本的にあかぎれをなおさないと、いつまでも治ることはありません。

 

症状がよくなったと思ったら、また繰り返してしまいます。
ですが、ライスパワーエキスNo.11の認定された効果なら、改善が期待できます。

 

あかぎれで悩んでいるのなら、一度アトピスマイルをチェックしてみてくださいね。

 

 

あかぎれの市販できるハンドクリームとしておすすめ。詳細はこちら
↓ ↓ ↓
https://www.ricepowershop.jp/