アレグラやアレジオンの違いは?痒みを止めている間に肌ケアを同時に始めよう!

 

「乾燥肌やアトピーで肌が痒い!!」

 

一刻も早くこの痒みから開放されたくて、アレジオンやアレグラを服用する人もいますよね。
2つの薬は、薬の効果・効能に大きな違いはありません。

 

アレグラは1日2回の服用、アレジオンは1日に1回の服用の違いはあります。

 

 

痒みを今、取ってくれる方法として、アレジオンやアレグラを飲むのは有効です。

 

痒みはツライですし、痒みを取らなくてはいけません。

 

でも、いつまでも薬に頼るのも不安ですよね。

 

 

結局は、乾燥肌やアトピーなど痒みの原因を治さなくてはいけません。

 

アレジオンやアレグラで痒みを抑えつつ、乾燥肌のケアも行いましょう。

 

 

乾燥肌を根本的にアプローチしてくれるものとしては、アトピスマイルクリームがおすすめです。

 

「皮膚水分保持能の改善」を促す効果がありますから、まさに乾燥肌にピッタリです。

 

今、ガマンできない痒みをアレジオンやアレグラの薬で一時的に抑え、アトピスマイルクリームで根本的に乾燥肌ケアを行いましょう。

 

 

アレグラ、アレジオンとアトピスマイルクリームの併用で乾燥肌ケアを!詳細はこちら
↓ ↓ ↓
https://www.ricepowershop.jp/

 

 

アレグラやアレジオンが皮膚の痒みにも効果がある理由

 

アレグラやアレジオンといえば、
「花粉症の薬でしょ。」
というイメージを持っている人が多いでしょうね、

 

というのも、最近ではCMでも流れていますし、認知度が上がっています。

 

CMでは主に花粉症の薬として売り出していますから、
アレグラ、アレジオン=花粉症の薬
というイメージが定着しました。

 

市販されているものとしては、とても有名になっていますよね。
花粉症の薬で市販されているものとしては、認知度はバツグンです。

 

価格も手頃ですし、病院へ行く時間がないという人からも支持されています。
抗ヒスタミン剤の副作用でもある「眠気」を感じることが、少ないというのも選ばれている理由の一つです。

 

しかし、皮膚の痒みにも効果があるんです。

 

主に、蕁麻疹や、アトピーなどの皮膚疾患のかゆみを改善する効果があります。

 

 

どうして、痒みにも効果があるのでしょうか?

 

それは、アレグラやアレジオンが「抗ヒスタミン薬」だからです。

 

抗ヒスタミン薬は、脳のヒスタミンを抑える効果があります。

 

ヒスタミンにより、人は痒みを感じます。
このヒスタミンの働きを抑えることで、かゆみを感じなくします。

 

また、アレグロは抗ヒスタミン薬の副作用である「眠気」を軽減しています。
つまり、眠気を感じにくい抗ヒスタミン薬となっています。

 

ただし、必ず眠気を感じなくなるわけではありません。

 

 

抗ヒスタミン薬は、薬ですから即効性があります。

 

ですから、
「今、この痒みをなんとかしたい!」
というときに、抗ヒスタミン薬を飲むとかゆみが止まります。

 

 

しかし、抗ヒスタミン薬での効果は、あくまでも一時的なものです。

 

かゆみの原因である皮膚疾患を治療する薬ではありません。

 

かゆみが、抗ヒスタミン薬により収まったからといって、安心しないこと!

 

原因である皮膚疾患へのケアも同時に行いましょう。

 

 

アレグラやアレジオンで抑えられる痒みとは?

 

アレグラやアレジオンは、皮膚へのかゆみ止めにも用いられます。

 

しかし、全てのかゆみに効果があるわけではありません。

 

 

かゆみにの原因は、たくさんあります。

 

原因によっては、アレグラやアレジオンが効きにくいものもあります。
ですから、自分の「かゆみ」の原因が何かを見極めてから服用するようにしましょう。

 

 

アレグラやアレジオンで効果があるかゆみとしては、

  • 蕁麻疹
  • 湿疹
  • 虫刺され
  • 皮膚そう痒症
  • アトピー性皮膚炎

が上げられます。

 

 

効果が薄いとされる痒みとしては、
乾燥肌、内臓疾患、ストレス
などによるかゆみがあげられます。

 

 

乾燥肌による痒みの原因は、外部からの刺激によるものです。

 

乾燥肌になると、肌のバリア機能が失われます。
バリア機能が低下すると、外部からの刺激、つまりほこりや、ダニなどの刺激に弱くなります。

 

それ以外にも、洗剤や石鹸、シャンプー、紫外線など、多くの外部刺激の影響を受けやすくなります。

 

これらの刺激が、神経を直接刺激します。
神経が刺激されることで、かゆみが生じます。

 

ですから、乾燥肌での痒みは、アレグラやアレジオンでは効果は薄いとされています。

 

アレグラとアレジオンだけでなく、プラスの肌ケアが大事!

アレグラやアレジオンで、痒みを抑えることができても、痒みの原因が治ったわけではありません。

 

一時的に薬の効果で、症状を抑えているに過ぎません。

 

薬の効果がなくなれば、また痒みは出てきます。
そうなれば、また薬を飲まなくてはいけません。

 

「いつまで、薬に頼らなくてはいけないのか・・・。」

 

副作用が出にくいとされているアレグラやアレジオンですが、全くないというわけでもありません。

 

長期間、服用するのも不安ですよね。

 

だからこそ、アレグラやアレジオンにプラスしての肌ケアが大事になってきます。

 

薬で症状を抑えている間に、肌ケアも同時に行っていきましょう。

 

 

乾燥肌やアトピーに有効とされる保湿クリームなどを使用します。

 

ただし、保湿クリーム、薬と同じで一時的なものです。

 

保湿クリームが肌から落ちれば、効果もそこまで。
また、保湿クリームを塗り直さなくてはいけません。

 

 

肌ケアをするときも、原因を根本的にサポートしてくれるものを選びましょう。

 

例えば、ライスパワーエキスNo.11です。

 

ライスパワーエキスNo.11の効果は「皮膚水分保持能の改善」です。

 

肌が乾燥する原因ある水分保持能を改善してくれます。

 

この効果は、厚生労働省より認定されている効果でもあります。

 

医薬部外品としては、ライスパワーエキスのみに認定されている効果です。
つまり、市販されているものでは、ライスパワーエキスのみとなっています。

 

 

ライスパワーエキスNo.11が使用されているクリームとしてはアトピスマイルがあります。
ボディクリームのくくりですが、顔にも使用することができます。

 

ハンドクリームとして使っている人も多いです。
あかぎれを改善する市販のハンドクリームとは?〇〇の成分に注目!!】も読んでみてください。

 

乾燥肌やアトピーの人からも多くの愛用者がいます。

 

皮膚の我慢できない痒みは、アレグラやアレジオンで抑え、痒みが収まっている間にアトピスマイルでケアを始めましょう。

 

アトピスマイルの効果が、だんだんと肌の調子が整ってくれば、いずれかゆみ止めも必要なくなります。

 

あなたも、薬で痒みが取れたからといって、安心せずにアトピスマイルでケアを始めてくださいね。

 

 

薬で痒みが収まっている間にアトピスマイルでも肌ケアを!詳細はこちら
↓ ↓ ↓
https://www.ricepowershop.jp/